テクニカルレポート

2019/04/19 / テクニカルレポート

シリーズ・さまざまな研究所を巡る(第5回)

〜日本の航空技術の開発をリードするJAXA(その2)〜

厚木エレクトロニクス  加藤 俊夫 氏

 

3. 着陸時の機体騒音の低減

 

 航空機の離着陸に伴う騒音は、空港周辺の環境に影響を与え、この軽減は極めて重要である。

 JAXAでは、特に着陸時の機体騒音低減技術に関する研究開発を行い、飛行試験によりその効果を確かめた。

 図5は、実際の飛行試験の際に測定した騒音を可視化した図で、フラップや主脚などの低騒音化の効果がわかる。

図5 音源計測結果<音源マップ>の比較(図はJAXA提供による。筆者が一部加工した)

 

 


4. 災害対策

 

 災害時においては、発災後72時間以内の救援活動が何より求められるが、陸上の交通網の機能が低下している場合が多く、航空・宇宙機器の有効活用が重要となる。

 JAXAでは、特にヘリコプターによる効率的かつ安全な救援活動を支援する「災害救援航空機情報共有ネットワーク(D-NET)を行っている。

 大規模災害発生時には、無線、電話やFAXなどを使って情報が伝達され、その情報は紙の地図やホワイトボードなどを使って共有されていた。

 D-NETでは、これらをデータとして通信することにで効率的な情報伝達・共有化を可能にし、航空機による救援活動をより効果的に行うための技術・規格・システムを開発した。

 本システムは平成29年7月九州北部豪雨等の実災害でも活用されている。

 図6は、JAXAが開発した災害時の情報共有システムである。

図6 JAXAが開発した災害情報入力画面 (図はJAXA提供)

 

 

5. 超音速旅客機の開発

 

 超音速旅客機は、コンコルドがなくなって下火になったが、将来再び実用化すべく、世界中で開発が進められている。

 超音速旅客機の大きな問題点は、超音速飛行時のソックブームと呼ばれる爆音である。

 JAXAでは、その低減技術を開発し、それを適応した試験機による飛行試験が2015年7月にスウェーデン・エスレンジ実験場で行われた。

 地上付近の大気乱流がソニックブーム波形に与える影響を避けるために、図7のように、小型気球を用いて、マイクを空中に係留し、高度方向のソニックブーム波形の変化を計測した。

図7 超音速のソニックブーム調査の方法 (図はJAXA提供による。筆者が一部加工した)

 

 図8は、ソニックブームを低減するように設計された試験機で、機体の寸法諸元は、全長7.913m、主翼幅3.510m、主翼面積4.891m2、全備重量は1,000kg、方向舵及び水平尾翼が飛行制御に用いられる。

 気球から分離後は、自律的にソニックブーム計測システムのマイク上空を滑空するようにコンピュータが制御する。

 高度約30kmからの自由落下によりマッハ1.39、経路角47.5度で滑空させ、発生したソニックブームを、空中のマイクで計測した。

図8 超音速試験機 (図はJAXA提供)

 

図9は計測結果で、ソニックブームの低減効果が確認された。

図9 ソニックブームの計測値 (図はJAXA提供による。筆者が一部加工した)

 

会社名: 厚木エレクトロニクス
所在地:
URL:
事業内容:

お役立ち情報

GICHOターゲティングメールサービス『激安キャンペーン実施中!』

リスト数約56,300件!無駄なく配信・低価格・スピード対応!
攻めのプッシュ型広告で見込み客を拡大!
クリック件数だけでなく、人数、プロフィール、時間をレポートいたします。
より質の高いマーケティング活動が可能に!

ビジコム ポスト GICHOビジネスコニュニケーションズ

Copyright © 2018 Gicho Business Communications, Inc. All rights reserved.
このページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。著作権は GICHOビジネスコニュニケーションズ社に帰属します。