テクニカルレポート

2019/06/07 / テクニカルレポート

第32回 長野実装フォーラム

〜5G時代の実装技術〜

長野実装フォーラム  大西 哲也、千野 満、手塚 佳夫、若林 信一 氏

 

1. はじめに

 2019年1月25日(金)の午後、『5G時代の実装技術』をテーマとして、第32回長野実装フォーラムが、(公財)長野県テクノ財団との共同主催、EPTAの協賛によって、ホクト文化ホール(長野県民文化会館)にて開催された。

 長野はまだ雪の少し残る寒い時季であったが、夕方には懇親会も会場施設内にて開催され、参加者の技術交流が遅くまで行われた。

 また2018年11月28日にエレクトロニクス実装学会(JIEP)から受賞した創立20周年記念貢献賞(写真1)とともに、これまでの21年間に106回開催された時の資料など計58冊も一覧展示した(写真2)。

写真1 エレクトロニクス実装学会JIEP創立20周年記念貢献賞を受けた、長野実装フォーラム

 


写真2 計58冊に及ぶ、全長野フォーラム&研究会資料一覧展示


2. フォーラム開催趣旨

 

狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く新しい社会であるソサエティ5.0は、IoTによりすべてのものと人がつながり、情報や知識が共有され、AIやロボット、自動走行車が人間中心の社会を作ることに活用される社会である。
しかしながら、このソサエティ5.0時代を作り出す中核デバイスは引き続き半導体デバイスであり、実装技術はさらに重要となる。
この5G時代到来を目前にして、その中核を担う自動運転技術、スマートフォン、医療・ヘルスケア機器などの開発と研究を進めている、第一線講師の講演から、5G時代半導体技術に対応する新しいアイデア創出のため、活発な議論を展開することを開催趣旨とした。

 

3. 第32回実装フォーラム内容

 

若林信一フォーラム代表理事による開会挨拶のあと(写真3)、表1に示すテーマで4件の講演がなされた。写真4は講演者とフォーラム理事である。

写真3 フォーラム開会挨拶

 

表1 長野実装フォーラム プログラム

 

写真4 講演者とフォーラム理事

 

① 実装技術の現状と課題 ~5G到来を前にして、求められる実装技術~

 NEP Tech. S&S代表・長野実装フォーラム理事:西田秀行氏が、5Gの到来背景、世界の業界動向について概説し、5Gに対応した新しい実装技術の潮流、現状と課題を具体例を示しながら紹介した。


② Automotive、ADASの現状と課題

  e-SYNC(株)代表取締役:村松菊男氏から、自動車の名の由来、社会環境の変化、交通事故の現状、ドライバーの周辺認識、人間の視野特性や自動車の運転エラーリスクといった現状分析などからはじまり、自動運転の車両に関する技術基準の国際的な検討体制、モジュールアーキテクチャ、自動車制御の構造、自動車技術の動向、自動運転に必要なもの、自動走行開発/評価手法の取り組み、AI+コネクティッド技術による認識/判断支援(写真5)、品質の作りこみ、通信のセキュリティリスクなどについて、詳細かつ分かりやすい説明がなされた。

写真5  AI+コネクティッド技術による認識/判断支援

 

 

会社名:長野実装フォーラム
所在地:
URL:
事業内容:

12

お役立ち情報

GICHOターゲティングメールサービス『激安キャンペーン実施中!』

リスト数約56,300件!無駄なく配信・低価格・スピード対応!
攻めのプッシュ型広告で見込み客を拡大!
クリック件数だけでなく、人数、プロフィール、時間をレポートいたします。
より質の高いマーケティング活動が可能に!

ビジコム ポスト GICHOビジネスコニュニケーションズ

Copyright © 2018 Gicho Business Communications, Inc. All rights reserved.
このページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。著作権は GICHOビジネスコニュニケーションズ社に帰属します。