ビジネスコミュニケーションを加速する
BtoB ニュース専門サイト | ビジコムポスト

テクニカルレポート
2013.11.14
植物工場コンサルティングを行うエーピーエヌ
室内に小さな地球環境をつくり、お客が喜ぶ野菜を作る
エーピーエヌ株式会社 ? ママベジファーム岡谷(岡谷工場)

プリント配線板の設計、EMSの電子事業を行うエーピーエヌ株式会社は、植物工場コンサルティングを行うアグリシステム事業拡大のため、201210月に岡谷市加茂町にママベジファーム岡谷(岡谷工場)を稼動した。今回、ママベジファーム岡谷にて福島知子社長にお話しを伺った。

 エーピーエヌ(株)は、長野県諏訪市沖田町を拠点にプリント配線板の設計、EMS(各種設計、基板製造、実装、組立)を行う電子事業を行っているが、これらの業務で培った技術を元に植物の施設栽培分野に進出し、植物工場のコンサルティングや関連機器の開発を行うアグリシステム事業部を2009年に立ち上げている。20121015日には岡谷市加茂町でママベジファーム岡谷の稼動を始め、野菜工場の開発と家庭向け栽培ラック「ママベジボックス(写真1)」の生産販売を開始した。このママベジボックスは小型の栽培ラックで、ラック栽培用の苗を岡谷工場から出荷してママベジボックスを購入した方に届けている。購入者は苗から育てるため栽培が簡単で、2012年より販売を開始しているが一般家庭や飲食店で導入されている。

 

写真1 ママベジボックス

 

会社名
エーピーエヌ株式会社 ? ママベジファーム岡谷(岡谷工場)
所在地