テクニカルレポート

2019/05/10 / テクニカルレポート

ネプコン ジャパン 2019

〜〜

 実装技術編集部 氏


 2019年1月16日(水)~18日(金)の3日間、東京ビッグサイトにおいて、エレクトロニクス製造・実装に関するあらゆる装置、技術、部品・材料が一堂に集まる専門技術展である、リード エグジビション ジャパン(株)主催の『第48回 インターネプコン ジャパン』を始め、『第36回 エレクトロテスト ジャパン』『第20回 半導体・センサ パッケージング技術展(ISP2019)』『第20回 電子部品・材料 EXPO』『第20回 プリント配線板 EXPO』『第11回 LED・半導体レーザー 技術展(L-Tech2018)』『第9回 微細加工 EXPO』で構成される『ネプコン ジャパン 2019』と、『オートモーティブ ワールド2019』『第5回 ウェアラブル EXPO』『第3回 ロボデックス-ロボット開発・活用展』『第3回 スマート工場 EXPO』が開催された。

 各社出展ブースに加えて、連日、製品技術セミナーや基調講演、シンポジウムなどのイベントも会場各所において数多く催されており、大勢の人を集めていた。

 同展示会の3日間の総来場者数は、116,251名に上った。

 

(株)ペントロンでは、両面同時検査装置『EAGLE 3D 8800 TWIN』を紹介していた(写真1)。

 トップ/ボトムの両面同時検査を実施する同製品は、8方向/10方向プロジェクション+3段RGB-LED照明を搭載。

 3D両面同時運転アルゴリズムに加え、テレセントリックレンズ搭載で歪みのない画像を提供するなど、フル3次元のスピードと測定技術の融合を実現している。

 また、レーン&効率的なフルラインコントロール、高レベルな3Dイメージ表現力、ユニークな3Dイノベーション&フレキシブルソリューション、最高の3D技術を簡単操作でオペレーションする点、などの特徴を有している。

 さらに、シンプル&直感的なインタフェースで簡単操作が可能で、AOlとDIP検査が行える。

(写真1)両面同時検査装置『EAGLE 3D 8800 TWIN』の展示

 

 大道産業(株)では、ソルダレジスト修正ペン『ケセルペン』(●写真●右)を紹介していた(写真2)。

 ソルダレジストの補修が迅速かつ簡単に行える修正ペンで、使用時に、ペンの後ろをノックするだけでブラシ部にインクが充填され、ただちに基板のキズやピンホールに使用可能。

 修正インクの調整や基板修正にともなう時間のロスがない。

 微細なブラシ部を採用し、ピンホールの修正にも最適で、塗ったインクはUV照射により数秒で硬化。

 ペンタイプの小型UVランプのUV硬化装置『UV-01』(●写真●左)であれば10秒程度UV照射するだけで次の工程に移れる。

 修正時に熱処理が不要であるため、基板の反りの心配もない。

 また、硬化後は6H以上の高硬度を実現し、180℃以上の耐熱性、IPAやトルエンなどへの耐溶剤性がある他、テープピーリングによるクロスカット試験でも剥がれがない。

 同ブースでは『UV-01』も紹介され、注目を集めていた。

(写真2)ソルダレジスト修正ペン『ケセルペン』(右)とUV硬化装置『UV-01』

 

 (株)レクザムでは、基板外観検査装置『Sherlock-3D-1000S』を紹介していた(写真3)。

 同製品は、部品の高さを擬似的に判定する2Dの検査に対し、実測定で定量的な検査が可能な3D方式を採用。

 電球色LED照明とRGB照明による2D検査との両立を実現している。

 2D検査では検出困難な部品やリードの浮きはんだなどの体積が分かる。

 高速検査(3D+2D)が可能で、検査速度は5000mm2/秒(@12μmレンズ)。2D検査装置と同等の検査速度を実現。

 また、12Mカメラ(分解能12μm)を搭載しており、微小部品も検査可能で、視野角を拡大することで撮像回数を削減、検査速度を向上している。

 この他、「部品高さを高精度に再現するマルチスキャン」、「自動検査設定」、「3D画面による簡単目視判定」などの機能を有している。

(写真3)基板外観検査装置『Sherlock-3D-1000S』

 

 同社のブース内では併せて、QRコード対応の基板レーザーマーキング装置『Watson QR-800』も展示していた(写真4)。

 この製品は『Sherlock』とのコンビでトレーサビリティを実現する装置。

 検査結果をレーザ照射で基板にダイレクト印字し、その間はわずか2秒。

 インライン対応のオートマチックトレーサビリティシステムを構築することができる装置で、QRコード対応で限られたスペースに大容量の情報を記録できる。

 コードは基板に直接印字するため擦れや汚れに強い高耐久性で、かつ、1秒間に最大50文字のハイスピード印字を実現するため、生産ラインを止めることがない。

 また、基板の流れ方向、投入位置、取り出し位置を選択可能で、現在の設備環境に合わせてカスタマイズできる点も大きな特徴になっている。

(写真4)基板レーザーマーキング装置『Watson QR-800』

 

会社名:
所在地:
URL:
事業内容:

お役立ち情報

GICHOターゲティングメールサービス『激安キャンペーン実施中!』

リスト数約56,300件!無駄なく配信・低価格・スピード対応!
攻めのプッシュ型広告で見込み客を拡大!
クリック件数だけでなく、人数、プロフィール、時間をレポートいたします。
より質の高いマーケティング活動が可能に!

ビジコム ポスト GICHOビジネスコニュニケーションズ

Copyright © 2018 Gicho Business Communications, Inc. All rights reserved.
このページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。著作権は GICHOビジネスコニュニケーションズ社に帰属します。

Loading...